個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

知人が返済しないからと体を要求したり変なルールを作って脅してきます

相談事例

知人に総額30万借りて少額ですが少しずつ返済して現在は残金が18万ぐらいです。

この知人が私が留守時に勝手に家に入り込んだり、体の要求をしてきます。また、車を引き上げられ、車に乗ったら罰金10万払えとか意味不明なルールを作って脅してきます。メールも毎日しつこく送ってきて参っています。

警察に相談したのですが、まずは借金返済しないダメだと取り合ってくれません。このような場合どうすればいいでしょうか。

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

刑事告訴をすれば、警察を動かすことが可能です。ただし、確実に解決するためには、弁護士に依頼して相手に警告してもらうことをおすすめします。

解説

警察は多忙なので、相談しただけでは「民事の問題だ」という口実で動かないことが多いものです。しかし、刑事告訴が受理されると、警察は捜査を開始しなければなりません。それでも、迅速に動いてもらえるとは限らないのが実情です。

そこで、弁護士への依頼をおすすめします。弁護士は、あなたの代理人として全面的に相手に対応してくれます。相手の行為の違法性を指摘して、不当な要求をやめるように交渉してくれるので、相手も刑事告訴を恐れて従う可能性が高いです。弁護士を間に入れることで、平穏な生活を取り戻すことができるでしょう。

相手にはいくつかの犯罪が成立しているため、実際に刑事告訴することもできます。

まず、あなたの自宅に勝手に入る行為は住居侵入罪に該当します。体の関係を求めることや、車を引き揚げるといって脅す行為は、脅迫罪や強要罪、恐喝罪。毎日しつこくメールする行為はストーカー規制法違反に該当する可能性があります。

車を引き揚げる行為も、裁判をして勝訴しない限り、その権限はありません。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。