個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

恋人に同棲しないとお金を返してもらうと脅されています

相談事例

恋人にこれまで100万程助けてもらっています。50万は何とかお返ししたのですが、残りのお金は私が仕事ができなくなったこともあって返済できずにいます。

そしたら、彼が同棲しなければすぐにお金は返せと詰め寄られています。そんな交換条件まで出してきて、暴言も吐かれていますの、正直相手とはもう縁を相手と切りたいですし、お金も返したくありません…

一応LINEには最初の50万の貸し借りのやり取りした記録は残っており、返済については1度は拒んでいます。できるだけ返したくありません。相談に乗って頂けますでしょうか…

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

残りの50万円は、借りたものであれば基本的に返す必要があります。ただし、相手が貸し借りしたことを証明できなければ、返済を拒むことも可能です。

穏便に解決するためには少しずつ返済することも考えられますが、相手の要求が収まらない場合は警察や弁護士に相談した方がよいでしょう。

解説

恋人との間で100万を返す約束のもとに受け取ったのであれば、残りの50万円についても返済義務があります。

「同棲しないならすぐに返せ」という相手の発言は、本来はすぐに返すべきものを、同棲するのなら返済を待つという意味に解釈できるので、不当なものではありません。

ただし、相手が同棲や返済を求めて暴言を吐いたり、執拗に連絡してきたりする場合には、脅迫罪や強要罪、恐喝罪、ストーカー規制法違反などに該当する可能性があります。その場合は警察に相談するのもひとつの方法です。

相手と縁を切るためには、弁護士に対応を依頼するのが有効です。弁護士は代理人として相手と交渉し、最善の形で解決を図ってくれます。

今後は一切あなたに直接連絡しないように伝えますので、彼との面倒なやり取りも不要になります。安心して普段の生活に戻ることができるでしょう。

残りの50万円についても、あなたが返済できる範囲での支払い方法や期間を提案・交渉します。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。