個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

会社の社長に退職するなら借金を一括返済しろと言われて困っています

相談事例

勤めている会社の社長にこれまで約1000万借りています。借りたお金と支払い方法についても令和5年1月に借用書を書きました。

毎月コツコツと借金は返済していましたが、家庭の事情でこの会社を退職する必要が生じたため、辞めたいと伝えたところ、社長から一括返済を求められています。急に多額のお金を支払えと言われても無理です。また、借金を払わなければ会社は辞められないのでしょうか?

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

借金を滞納していなければ一括で返済する必要はありませんし、一括返済しなくても会社を辞めることはできます。

ただし、トラブルを回避するためには、できる限り社長の理解を得て退職することが望ましいです。

解説

民法上、労働者が退職を申し出てから2週間が経過すると、雇用契約は終了するとされています。ただし、就業規則で「退職の申出は1ヶ月以上前までに」などと定められている場合は、その期間が経過したときに雇用契約が終了します。

この規定は会社からの借金が残っている場合にも適用されるので、退職届を提出すれば一定期間の経過後に退職できます。

したがって、一方的に退職することも可能ですが、そうすると、残りの給料が支給されない、退職金から借入残高の分だけ引かれる、有給休暇の消化を認めない、離職票を発行しない、などの嫌がらせを受けることも考えられます。

誠実に話しても社長の理解が得られない場合は、労働組合や労働基準監督署に相談するのもよいでしょう。

もし、上記のような嫌がらせ行為を受けた場合は、弁護士に依頼して、未払い賃金や損害賠償の請求もできます。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。