個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

娘が二人の男性から借金の督促を受けている

相談事例

私の娘が関係を持った二人の男性にお金を借りたようで、その相手から督促を受けているようです。娘に聞くとそんなに大金は借りていない、返す約束もしていない、借用書も書いていないということです。どうやら、借りた以上の金額を請求されているようです。

毎日LINEでしつこく督促されているようで、本人も参っています。個人間の借金問題でも弁護士さんは解決してくれるのでしょうか。

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

個人間の借金問題も弁護士は解決可能です。ただし、娘さん自身からの依頼が必要です。

解説

個人間の借金も法律問題なので、弁護士が相手と交渉したり、債務整理の手続きをとったりして解決を図ることができます。ただし、第三者の権利義務を左右することはできないので、娘さんの借金問題を解決するためには、娘さん自身が弁護士に相談・依頼することが必要です。

借金の返済義務については、お金を貸した事実や金額、返済の約束をしたことを相手の男性が証明できなければ、返済を拒むことができます。

既にしつこい督促を受けているため、放置しているとリベンジポルノなど更なる被害に遭うおそれもあります。このような事情を娘さんに話して、早めに弁護士へ相談するように勧めてあげてください。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。