個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

出会い系サイトでお金を借りた男性に払えないなら家に行くと脅されています

相談事例

出会い系サイトで知り合った男性にお金を借りました。
約束した日に返済が出来なかったり、連絡ができなかったりしたため、相手は怒ってその都度どうするんだと詰められています。

お金は払える用意がないのに利息を払うと言ってしまいました。やはり体調不良が続いて支払いができませんでした。

携帯、身分証、家の鍵を預けるようにとメールが来ました。また、家に来ると何度も言われており、精神的に辛くなってしまいました。

家族にはこの事は知られたくないので、内密に解決できないかと思っています。

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

放置していると相手が家に来るおそれがあります。内密に解決するためにも早めに弁護士へ対応を依頼した方がよいでしょう。

解説

事前に返済期限を決めていたのにもかかわらず返済できなかった場合は、相手の返せという要求は正当なものです。

返済しないまま連絡もしなければ、相手が怒るのも仕方ないでしょう。家にまで取り立てに来ることも法律で禁止されているわけではないので、無視していると実際に家に来られる可能性もあります。

内密に解決するためには、早めに弁護士へ対応を依頼することをおすすめします。弁護士はあなたの代理人として全面的に交渉役を引き受けてくれます。自宅への取り立てはしないように通達してくれますし、交渉によって和解できる可能性が高いです。

和解できない場合でも、自己破産や個人再生といった強制的な債務整理手続きを必要に応じて進めてくれます。弁護士に間に入ってもらうことで、安心して生活できるようになるでしょう。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。