個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

知人からの督促の電話が鳴り止みません

相談事例

私がお金に困って、知人に滞納をしていた家賃、退去費用を代わりに支払ってもらいました。そのお金は後で返済する予定でしたが、仕事がうまくいかず収入が途絶えてすぐに返済することができませんでした。

知人には事情を説明して、落ち着いたら返済することを伝えましたが、今すぐ一括で支払えと督促されています。毎日電話が鳴り止まず、家にまで来ると脅されており、怖くなってきました。借りたお金は返さなくてはならないことは重々承知していますが、取立ては止めて欲しい、もう少し待って欲しいです。

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

取り立てが度を超える場合は警察に相談しましょう。警察が動いてくれない場合は、弁護士に債務整理を依頼した方がよいでしょう。

解説

個人間の借金においては、貸金業者からの借金とは異なり、取り立てに関するルールを定めた貸金業法は適用されません。そのため、度重なる電話による督促や、自宅への訪問による取り立ても、基本的には合法です。

ただし、知人が「殺すぞ」などと害悪を告知した場合は脅迫罪が成立する可能性がありますし、執拗な電話によってあなたが心身を病んだ場合には傷害罪が成立する可能性もあります。

とはいえ、これらの犯罪が成立しない場合は、警察は動いてくれません。その場合は弁護士に債務整理を依頼しましょう。

弁護士は代理人として知人に対応し、あなたへの直接の取り立てをやめるように警告し、返済方法についても交渉してくれます。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。