個人間融資の借りた側・請求された側専門
0120-216-011 メール無料相談

個人間の貸主に風俗店で働いて返すように要求された

相談事例

個人間で150万借りました。お金を貸してくれたことには感謝していますが、条件としてひととき融資を求めてきたり、風俗店で働かせようさせられたりしました。また、お金を借りる際には罵詈雑言も浴びせられました。

そして、借金に勝手に利子を上乗せされたり、厳しい取立てに遭っています。ちなみに借用書はなく返済計画書もありません。

精神的苦痛や利子の上乗せなど、納得できないことも多く、借りたお金を減額できないか、相手と直接連絡しないで済む方法はないかと考えています。

※ 本人特定を避けるために一部内容を改変しています。

解決方法

ひととき融資でお金を借りた場合は、元金も利息も支払う必要がありません。もちろん、返済のために風俗店で働く義務もありません。

相手との直接の連絡を回避するためには、弁護士に交渉を依頼するのが有効です。

解説

肉体関係を持つことを条件としてお金を借りる「ひととき融資」は、公序良俗に反するため契約無効です。その場合、あなたが借りたお金は不法原因給付に該当するため、返済する必要はありません。

また、罵詈雑言や風俗店での勤務を要求する行為は民事上の不法行為に該当する可能性があり、該当する場合には慰謝料請求が可能です。その場合は、慰謝料の代わりに借金を数万円~数十万円程度減額するように交渉することも考えられます。

弁護士に依頼すれば、代理人として相手に対応し、必要に応じて交渉や警告をしてくれるので、あなたが直接対応する必要はなくなります。

個人間融資の借金・不当請求をすぐに解決!
シン・イストワール法律事務所
東京弁護士会所属
田島 聡泰 (たじま あきひろ)
解決件数
10,000
以上の実績
0120-216-011 メール無料相談
解説の執筆者かつ9312

弁護士として約15年間にわたって借金問題、民事事件、刑事事件などを取り扱う。現在はライターとして法律関連記事の執筆活動をおこなう。